トップ / 歯科で扱っている素材

歯科で使う薬品情報

歯科のクラウンには種類がある

歯科で使うクラウンには種類があります。特に前歯では自費治療で保険が利用できないクラウンを利用する方が多いです。前歯に利用するのに向いているものとしてセラミックがあります。セラミックは透明な輝きがあり自然に自分の歯とも馴染みます。そして着色もしにくく、きれいに保つことができます。保険で利用できるものは白くできますが、裏が銀なので気にする方も多いです。そして時間と共に着色もしやすく、まわりの歯よりも黄色くなってしまうことがあります。それに比べてセラミックは白の状態を保つことができます。セラミックの他に歯科にはメタルボンドといったものもあります。こちらも自然に馴染みます。

歯科で扱うクラウンの種類

歯科におけるクラウンとは冠のことです。私たちが通常「歯」と呼んでいる部分、歯茎から出ている部分ですが、これを正式には歯冠部といいます。虫歯などなんらかの理由で歯冠部のダメージの大きいときはかぶせ物をします。これをクラウンと呼ぶのです。どんなもので作るかによって種類がいろいろあります。一般に銀歯と呼んでいるのは金銀パラジウム合金という素材です。また、天然歯に近いものを使うケースとして、外から見える部分を白くし、他の見えない部分を金銀パラジウム合金でつくる前装鋳造冠や硬質レジンを使ったジャケット冠もあります。臼歯に天然歯に近い、セラミックなどで冠を作る場合は、歯科では保険適用となりません。1本10万円ちかくします。一口に冠といってもこのようにいろいろなものがあるのです。