トップ / 今の歯医者のお給料とは

歯科で使う薬品情報

歯医者の現状について

歯医者というと、一昔前は医者と並ぶ、高給取りでセレブ生活ができる職業といわれていました。しかし現在では、歯学部を増やし過ぎてしまい、歯科医師が過剰になり、不人気になっています。高い学費を払っても、それに見合うだけの収入を得ることができない、将来性のない仕事と考える人も多いようです。しかし、一般歯科のほか、矯正歯科、インプラント、審美歯科など、新たな分野を開拓しながら、成功している人もいます。歯医者で成功しているというのは、それだけ腕があったり、工夫しているからなのでしょう。

信頼できる歯医者探しのポイント

日常的に我慢できない虫歯に見舞われた時、歯医者は迅速に救いの手を差し伸べてくれる存在です。列記とした免許を持って処置してくれる分にはどの歯科を訪れても等しく満足が得られるものですが、しかしやはり医師も人間なので、その性格や治療の腕によって大きく仕上がりがことなってくるのは否めません。荒々しい治療であるよりは懇切丁寧に、そして痛みが少なくて済むように配慮してくれる歯医者のほうが、何かと安心できますね。