トップ / 歯科の検診で虫歯を防ぐ

歯科で使う薬品情報

3ヶ月に一度検診の小児歯科

子供の歯は、弱く硬い物をかみ砕けないこともあります。でも、大人が食べていれば一緒になって欲しがる為、歯の中に菌は多く潜んでいて定期的に小児歯科検診をしなくてはならないのです。毎日の歯磨きを行っていても医師による定期検診を受けることで歯石がどれぐらいあるのか診ていただけますし、食事の後の過ごし方も指導していただけるので勉強になるのです。歯科検診を3ヶ月に一度受けておけば歯の健康状態はもちろんフッ素を塗ってもらうことで歯に膜をつくることで虫歯予防に繋がり大人の歯に変わるまで大事にしていけるのです。

生活を楽しむための予防歯科

会話を楽しむことや美味しい食事から栄養をとるために、歯はとても重要な役目を果たしています。長い人生を楽しむために歯の健康に十分に気を配る必要がありますが、その点で予防歯科という考え方が浸透しつつあります。少し前まではむし歯になってからの治療がほとんどでしたが、永久歯は一度失ったら義歯で対処するしか方法がありません。ですからむし歯にならないように、良い歯磨きの習慣と歯科医院での定期検診を行うことで予防していくのが大切です。