トップ / インプラントで取り戻す

歯科で使う薬品情報

インプラント治療は歯科でできる

虫歯や歯周病、交通事故など、自分のはを失ってしまうことは、決して珍しいことではありません。もし、大切な歯を失ったとしても、自分の歯を取り戻す方法はあります。それはインプラント治療です。インプラント治療では、失った歯があった場所に人工の歯根を埋め込み、そこに人工の歯冠を被せます。自分の歯と同様の力で噛むことができ、発音に影響することはありません。見た目も天然の歯と遜色はありません。自分の歯を失ったことさえ忘れてしまうでしょう。自分の歯を失っても諦めずに、お近くの歯科に相談してみてはいかがでしょう。

一般的なインプラント治療の流れ

抜けた歯を補う治療法のひとつにインプラントがあります。これは抜けた歯のあった部分の顎の骨に土台となるボルトを埋め込み、そこに人工の歯を装着する治療法です。まず始めに虫歯や歯周病の有無や噛み合わせ、顎の骨の状態などの検査が行われます。次に検査結果をもとに治療計画が立てられ、その後、実際の治療に入ります。一次手術として顎の骨にボルトを入れる手術が行われ、骨が落ち着いたところで、2次手術としてボルトと人工歯を取り付けるための部品を連結します。その後、歯茎の形が整うまで期間をあけて仮の歯を作成し、完成になります。