トップ / インプラントと差し歯

歯科で使う薬品情報

インプラントで何でも噛める歯に

前歯が丈夫でなければ、固いせんべいやアイスキャンディーをかじることなど出来ませんが、転んで折ってしまったり、虫歯でなくしてしまうと、その部分は差し歯で補わねばならなくなります。差し歯は本物の歯に比べると噛む力が弱いので、これまで食べられていたものが食べられなくなる可能性があります。しかしインプラント治療を行えば、本物とほとんど変わらない歯が手に入るので、これまで噛めなかったものも噛めるようになりますよ。それなりの費用がかかってしまいますが、その分の価値は十分にあるので、固いものが噛めなくなった方はぜひイン

インプラントのいいところ

インプラント治療とは、歯の抜けたところに人工歯根を埋め込むことです。骨と結合してしっかりと固定されますので、食事の際の咀嚼でずれたり外れてしまうという心配せずにいられます。まさに、自分の歯と同じような働きをします。そして手入れも、同じように歯磨きをすることとなります。定期的に歯科医院に通院してメンテナンスを繰り返すことによって、より長持ちさせることも可能となります。インプラントの治療で得た人口の歯は、見た目では天然の歯とほとんどかわりがありませんので、自分以外にはわからないというケースも多いです。