トップ

歯科で使う薬品情報

歯科でも使用するオキシドール

歯科でも消毒をしなければいけないことがあります。衛生面には十分な注意が必要となっているので、当たり前のことなのです。その消毒の際に使うものがオキシドールです。しかし最近では用途に応じて超音波での消毒を導入するなど様々な方法で行うようになってきているのです。超音波を使った消毒を行うことによって、より器具をしっかり管理することができるようになります。歯科は粘膜などに触れてしまうこともあり、衛生管理が行き届いていなければ安全に通うこともできなくなってしまうのです。だからこそ、衛生管理面はチェックをしておきたいものなのです。

裏側矯正で人気のクリニックです。
歯の裏側に装置を付けるので、他人からは治療をしていることがわかりません。最短6ヶ月で治療も可能です。治療方法はこちらで。

歯科でオキシドールを使用する時

オキシドールは、成分が過酸化水素水という殺菌消毒剤です。泡が出ることにより、その泡の力で傷口を清浄にしますが、殺菌力は、それ程強いものではありません。傷口や潰瘍の殺菌消毒薬として原液のままか2〜3倍に薄めて使用するか、外耳や中耳の炎症とか鼻炎や咽喉頭炎や扁桃炎や粘膜の消毒に用いたり、歯科領域においては、口腔粘膜の消毒や穴の穴のあいた虫歯や根管の清掃や消毒とか歯の清浄に原液のままか2倍に薄めて用います。なお、口内炎の清浄の場合は、10倍に薄めて使います。使うと、一時的に刺激通がありますが、副作用はほとんどありません。歯科領域で、口をぶくぶくと湯すぐ場合は、口の中の粘膜に刺激作用があります。

愛知 歯科評判の歯科はこちら。
日本でも数台しかおかれていないというマイクロスコープがある歯科です。肉眼では見えにくい細かな部分もしっかり治療できます。